ED勃起障害のタイプ―心因性ED

ED(勃起不全)とは、まったくペニスが勃たないこと以外にも、ペニスが充分硬くならなかったり、性行為の途中でペニスが小さく萎えること(中折れ)も含め 「満足なセックスができない状態」をいいます。

下記の症状に気づいたら、EDを(勃起不全)疑って下さい。

・朝立ちしなくなった

・昔と比べてペニスの勃ちが悪い

・性行為の最中にペニスが萎える

・ペニスが充分硬くならない

EDの方は、女性に積極的になることができません。その為、どうしても内気な性格になりがちです。ストレスを貯めやすくなり、積もりに積もって精神病に患ってしまう場合もあります。EDになることで、ストレスなどの心因性のEDの原因を増やす悪循環が生まれてしまうのです。

これから、心因性ED勃起不全を紹介します。

精神的なストレスがあると、神経の性的な興奮がうまくペニスに伝わらないために、EDが起こりやすくなります。このEDを心因性EDといい、その原因は実にさまざまです。

主に日常のストレスが原因であったり、経験不足による緊張、過去のトラウマや体のコンプレックスなども原因となります。身体的には問題がない20代~30代の若い世代に比較的に多くみられるのがこのタイプのEDです。

心因性EDは心因により、2つに大別できます。

∵現実心因

現実の日常生活における心身のストレスや心理的諸要因が原因・誘因

緊張過剰、あせり、過労、睡眠不足、心配事、家庭内不和、経済的困窮、パートナーとの感情的トラブル、性的無知、性的未熟、初体験、新婚初夜、早漏、過去の性交の失敗、失恋、嫁姑問題、性感染症、別居、短小コンプレックス、マスターベーションへの罪悪感、妊娠恐怖、不倫、事故や災難、職場のトラブルなど

∵深層心因

心の深いところの心理的原因・誘因

抑圧された怒り、憎しみ、妬み、不安、愛憎葛藤、欲求不満、幼少時における心的外傷体験、母子分離不全、去勢恐怖、エディプス・コンプレックス(潜在する無意識的な近親相姦欲求)、ホモ・セクシュアルなど

現実心因で、日常のちょっとしたことがストレスとなり、それが原因でEDを起こす場合です。この場合、カウンセリングや薬の服用で簡単に治ることもしばしばです。

深層心因は日常生活には特に心理的ストレスはないものの、幼児期の体験や性的トラウマなど過去の出来事が原因となり、心の深層にある原因がEDを起こす場合です。深層心因の場合、大半は無意識ないし意識下の世界に原因があるため本人には見当がつかず、原因の解明までに長期間要し、治療が難しいケースが多いようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です