今日は自戒の意を込めて。疑問を持ちながら、それを変えずに過ごすというのはよくない

こんにちは。robinchopraです。

最近、「ブラック企業」や「社畜」という言葉が
巷を賑わしていますが、

そういう議論を聞いていて思うのは、

「自分に疑問を持ちながら、
それを変えずに過ごすというのはよくない。
そして、変えないなら文句は言えない」ということ。

自分もそういう時期が長かったので、
自戒の意を込めて、そんなメルマガ書いてみます。

ウィキペディアで調べると、

社畜とは、主に日本で勤めている会社(営利企業)に
飼い慣らされてしまい自分の意思と良心を放棄し
奴隸(家畜)と化したサラリーマンの状態を揶揄したもの。

とあります。

(英語圏でも同様の概念として
「corporate slave」が存在するという)

この言葉、定義を混同(曖昧に)して
安易に使う人がいるけど、デリケートな言葉だし、
その使い方には注意する必要があると思う。

間違ってもサラリーマンでいることが
イコール社畜“ではない”。これは勘違いしてはいけない。

ウィキペディアの定義で言えば、
“自分の意思と良心を放棄し奴隸(家畜)と化した”

という部分が特に重要。

自分の意志を持ち、良心を持ち、誇りを持ち、
誰かに大きな価値提供をする
素晴らしいサラリーマンたちは世にたくさんいる。

(自分のまわりにも
そういう素晴らしいサラリーマンの友人います)

過去の歴史も含め、そういう先人たちがいたからこそ、
日本は経済大国と言われるまでになった。

まず、こういう人たちへのリスペクトが大前提。

一方で、

ウィキペディアの定義にあるように

「自分の意思と良心を放棄し
奴隸(家畜)と化してしまっている人」がいる。

これもまた事実。

そして、奴隸(家畜)と化した彼らのなかには、
自分自身がそうであることを認識している人もいる。

抑圧された環境のなかで、それでも日々をやり過ごすために
わかっていながら自分の意思と良心を放棄する。

まぁ、価値観は人それぞれなので、
そこまでは何の文句もないです。

……ただ、「それは違うなー。」と思うのは、

自分たちが社畜であると認識している人のなかには

“自分たちは自らが社畜であることをわかっている。
それを脱却するために、働きかけているし、
勉強もしている。だから同じ社畜でも他とは違う”

そうやって、同じ立場の社畜を揶揄したりディスりながら、
居酒屋でレモンサワー飲む人たちがいる。

個人的な意見を言わせてもらえば、それは違うと思う。

自身が社畜であることを認識したうえで、
社畜を揶揄したり、ディスっているサラリーマンと、

自身が社畜であることに
全く気が付かないサラリーマンがいたとする。

たとえ前者が自分自身で認識して(気付いて)いたとしても
転職したり、会社を辞めたり、独立したり、
自分のその環境を変えないのであれば、

両者には「何の違いもない」と。
誰かを揶揄する資格も、ディスる資格もないなと。

メルマガの冒頭で、

“自分もそういう時期が長かったので、自戒の意を込めて”

と言いましたが、自分がまさにそんな一人でした。

・理不尽なルールに支配・抑圧された環境、
・自分が正しいと思うことができない環境、
・「それは違うんじゃないか」と日々おもう環境。

そんな環境にいながら、それでも自分の意志を捨てて働く。

「反面教師で学べることも多いかもしれない」

「今は授業料を支払って勉強しているんだ」

毎日そうやって自分自身を正当化して、
日々をやり過ごす。問題を先延ばしにする。

しかも最悪なことに、同じ立場の人をディスる。
(……今、思えば恥ずかしく、青すぎました)

でも、結局その会社に居続け、
自分の環境を変えていないわけですから、

人のこと言えた立場になかったわけです。

恥ずかしながら会社を辞める直前になって、
やっとそんなことに気付けました。

これは別段、雇用に限った話ではないです。

抑圧された環境で自分の意志や良心を捨てる。
そしてそんな自分自身も認識している。

もし、そういう状況に置かれ(た)ているならば、

やっぱり、自分に疑問を持っているのに
現状(環境)を変えないというのはよくなと。

そして現状(環境)を変えない限り、
文句を言ったり、誰かをディスる資格もないなーと。

(最後にちゃんと
ポジティブな話をして終わろうと思いますが)

環境を変え、自分に正直になってみて思うのは、

やっぱり「日々、疑問を持たずに自分の意志を貫く」。
これ大事です。

ストレスフリーになりますし、精神衛生的にもいいです。

そしてなにより“価値提供は確実に大きくなる”。

ルールに縛りがあるゲームから飛び出してみると、
価値提供の手段って意外と多様にあります。

“やりたいことだけ”やっても誰かの役に立つし、
“やりたいことだけ”だからいくらでもできるし、

結局、対価としての報酬も大きくなる。

これだなと。
自分はそう思います。

ではー。