ED改善対策「PDE5阻害薬」

勃起不全とは勃起が起こらないケースはもちろんのこと、硬さが不十分、勃起状態が維持できないなど、満足な性交が行えるだけの勃起が得られない状態を指します。勃起不全の治療で使われる薬は、「PDE5阻害薬」というものです。PDE5阻害薬で人気がある治療薬はレビトラです。

レビトラはED治療薬として、勃起不全治療の効果がある世界的にも有名な医薬品です。レビトラは勃起を持続させるのに必要なcGMPを壊すPDE5を阻害(抑制)する作用があるため勃起補助の効果があります。男性が性的刺激を受けると、その興奮が脳からペニスの神経に届き、神経の末端から「一酸化窒素」が放出され、細胞内に「サイクリックGMP」という血管拡張物質が増えます。

すると、陰茎海綿体の血管が拡がって血液が流れ込み、ペニスが勃起するのです。しかしサイクリックGMPは、「PDE5」という酵素に分解されやすい性質を持っており、分解されると、血管の拡張が十分にされず、勃起しにくくなってしまいます。PDE5阻害薬は、その名の通り、PDE5の働きを阻害して、サイクリックGMPを働きやすくし、勃起の働きを正常化する薬です。

レビトラはバイアグラが登場して数年後に出た事もあり後発的なイメージもありますが、バイアグラと違いレビトラに含まれる有効成分バルデナフィルは食事による影響を防ぎ、食事をした後にも十分な効果が期待できます。

ほんブログでは、勃起不全の原因や勃起不全の治療方法などの情報についてご紹介します。